練朱肉とは

朱肉イメージ

朱肉は、またの名を印肉と言います。印肉は朱色が多いので主に朱肉と呼ばれているのだそうです。

また、朱肉を入れる容器のことを肉池(にくち)または印池(いんち)と言います。

現在では、「練朱肉」と「スポンジ朱肉」の2種類の朱肉が流通しているんですって。

では、練朱肉とスポンジ朱肉の違いはなんなのでしょう?
練り朱肉は、ベタベタした朱肉、というイメージがありますよね。

調べてみたら、練朱肉は、ヒマシ油、白蝋、松油等と、重金属系の顔料(色素)を練ったものを、植物繊維に染み込ませて泥状にしたものだそうです。
「印泥」とも呼ばれています。

変色や退色、ニジミが少なく、独特の色調と発色によって、重厚な雰囲気を持つ印影を残す事ができるそうです。
現在では、主に落款印や遊印など、絵画や書道で印を捺印する際に使われています。

スポンジ朱肉は、事務用朱肉と言われ、文具店などで市販されているものです。
植物油、合成樹脂、顔料(色素)を朱油とよばれるインキ状にしたもので、フェルトやスポンジに染み込ませた製品です。

今のスポンジ朱肉は、品質が良い物になっていて、朱肉の種類によっては、和紙や薄口模造紙にも、きれいにハンコを押すことができるんですって。
また、スポンジ朱肉は、インク状なので、ハンコに朱肉が残りにくく、ハンコのお手入れも比較的簡単になるといったメリットがあるそうです。

ページの先頭へ